読者と検索者の違いを意識した記事の書き方

「読者」と「検索者」の違いを知り、目的にあった記事を作ることは、アフィリエイト成功につながるといえるでしょう。
ここでは、読者と検索者の違いや記事を書くときに意識したいことを紹介します。

「読者」と「検索者」の違い

読者とは記事を読む人のことです。広い意味では検索者も読者に含まれます。
ここで紹介する「読者」とは常連のユーザー・顧客とう意味、「検索者」は新規客という意味です。

読者はすでにあなたのサイトのことを知っていて、定期的にサイトを訪れてくれます。
検索者はまったくあなたのサイトのことを知らず、サイトの記事を読むのは初めてです。

アフィリエイト成功の鍵を握るのは、検索者をいかに増やすかです。
検索者は何かしらの情報を求めてあなたのサイトを訪れます。そこに必要な情報があれば、サイトの「読者」となってくれる可能性があります。そうすることで、自然とサイトのPV(ページビュー)が増えていきます。

結論が先

検索者を増やし、読者を獲得するためには、読み手が求めている情報が盛り込んであり、わかりやすい記事であることが重要です。
分かりやすいアフィリエイト記事を書く鉄則が「結論から先に書く」ことです。
アフィリエイト記事でいう結論とは、「この記事を読むことのメリット」「この記事には何が書いてあるのか」「読むことでどうなるのか」ということです。

この先どうなるのかわからないと不安になります。
この記事を読むことで何もメリットがなければ、時間を無駄にすることになります。読者は少しも時間を無駄にしたくありません。

結論が先に書いてあると、読者は安心して読み進めることができます。結論が明確になり、最後まで読みやすくなるのです。

文章構成

1・結論
2・根拠
3・事例
4・結論(まとめ)

結論だけいっても納得できないので、2では結論の根拠を示します。3で事例を出すと、読者はイメージしやすくなります。最後にもう一度結論をいって締めくくります。
結論をもう一度いうことで読者の記憶にも残りやすくなります。

タイトル

優れた記事を書いても、記事ページを訪れてくれないと読者に知ってもらうことはできません。
記事ページを訪れてもらうために大切なものがタイトルです。思わずクリックしたくなるタイトルを考えてみてください。

読者の問題に焦点を当てる、話題の検索ワードを入れる、数字を含めるといったタイトルにすると、記事内容が伝わりやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました